×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

福岡在住のジャズギタリスト 中川正浩 
MASAHIRO NAKAGAWA



中川正浩のホームページへようこそ。


中川 正浩(なかがわ まさひろ)はギタリスト(ジャズギタリスト)。
1962年北九州市生れ。福岡市在住。 中学生の頃ジャズギターを始め、高校2年の時、小倉のジャズ喫茶「アベベ」にて飛び入りで演奏しミュージシャンとしてのキャリアをスタートする。 大学在学中は福岡市内のライブハウスで活動。卒業後渡米し、バリー・ハリス主宰の伝説のジャズ・ワークショップ「ジャズ・カルチャル・シアター」で数々のセッションを通じ研鑽を積む。 帰国後、東京に活動の場を移しレギュラー・グループを組み、吉祥寺「SOMETIME」、新宿「J」、「ピットイン」などに出演。4年間の活動をへて九州にもどりその後数度にわたり渡米。 1996年よりニューヨークのビレッジにあるクラブ「スモールズ」を拠点に、本格的なミュージシャンとしてブルックリン、フィラデルフィアなどの近郊都市で演奏し多数のプロフェッショナルのジャズミュージシャンと交流しながら、異色の日本人ギタリストとして活動。 そのストレートアヘッドなスタイルからグラント・グリーンの名にちなんで"マサ・グリーン"と呼ばれて親しまれる。ギル・コギンス(p)をはじめバリー・ハリス(p)、ジョージ・コリガン(p)、リッチー・グッド(b)、ピー
ター・バーンスタイン(g)、その他数え切れないほど多数のミュージシャンと共演。
1999年に帰国後は福岡市在住で年1回、渡米し現地の第一線で活動している音楽家とレコーディングを重ね、9枚のCDを作成、この活動のやり方は日本人では初であろう。また、2008年より、レコーディングメンバーを東京を経由せず、直接、福岡に招聘し九州発信で中央に演奏に行く活動も続けている。2013年秋のツアーで第8回目を迎える。現在、自身最後の10作目のCD制作にあたり、常にたゆまぬ研鑽を続ける、孤高のジャズギタリスト。

お知らせtopics

2015年4月ツアー
 4月中川正浩スプリングツアー開始!!


4/16(木)〜4/22(水)九州ツアー決行!!詳細はスケジュールをクリック下さい。

NY録音・第10弾”FINAL ATTACK”発売中!!\3,000
御購入はこちらをクリック→キャットフィッシュレコード
1. Gooden's Corner (Grant Green)
2. Just In Time (Jule Styne)
3. いい日旅立ち (谷村 新司)
4. Iron City (Grant Green)
5. もみじ (岡野 貞一)
6. Grantstand (Grant Green)
7. 鉄道員 (Carlo Rustichelli)
8. Oleo (Sonny Rollins)
9. 家路 (Dvorak)
 
 演奏;中川 正浩 Masahiro Nakagawa(g) Tardo Hammer(p) Dezron Douglas(b)
           Neal Smith(ds)


新着情報news

2015年3月25日
スケジュール他を更新しました。
2014年9月17日
プロフィールを更新しました。
2013年9月17日
中川正浩ブログ・ボタンをリンクしました。
2013年9月17日
サイトをリニューアル・オープンしました。

newpage2.htmlへのリンク

スマートフォン版